特定技能

特定技能

特定技能【建設業】で海外人材を採用するために求められることや注意点について

インフラの整備に欠かせない建設業は慢性的な人手不足に陥っています。国土交通省の発表によると、建設業就業者数(令和2年平均)は492万人で、ピーク時(平成9年平均685万人)から約28%減少。この現状で期待したいことは、日本国外の労...
特定技能

書類作成も報告書もカンタン入力で作成完了!特定技能採用・雇用を手軽にした[Linkus]の機能とは

2020年から世界中に感染が拡大した新型コロナウイルスの影響で入国制限が設けられていましたが、2022年を迎えてから制限は段階的に緩和されています。今後、海外人材の受け入れはどんどんと活発化していくのではないでしょうか。 外...
特定技能

【最新!2022年度版】約2年間続いた入国制限が緩和された今、特定技能はどう変わる?

2020年、世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症。各国が出入国を制限したり、様々な措置を講じたことから、日本国内での海外人材の新規確保が難しい状況が続きました。2022年を迎えてからはウイルスの性質が少しずつ解明し始めた...
特定技能

特定技能【素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業】で海外人材を採用するために必要なこと・注意点とは

特定技能制度は人材不足が顕著な産業分野において即戦力となる外国人材を受け入れるための制度で、機械関連業種では3分野(素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業)で受入れが行われてきました。 2022年4月、【素形材・...
特定技能

特定技能の製造3分野が統合!14分野から12分野に変更となったその理由や背景について

2019年4月に施行された特定技能の対象となる職種は14分野でしたが、2022年の4月に12分野になりました。素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業が統一され、【素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業】という3つの分...
特定技能

特定技能「農業」で海外人材を採用するために求められることや注意点について

出入国管理及び難民認定法が改正され、在留資格「特定技能」の制度が2019年4月に新しく施行されました。特定技能で就業できる業種は「不足する人材の確保を図るべき産業上の分野」。つまり、現時点で人手が不足している、あるいは近い将来...
特定技能

特定技能「飲食料品製造業」で海外人材に任せられる業務や、要件・注意点について

手軽に手に取ることのできる菓子類やペットボトル飲料、レトルト食品など、我々の生活には調理済や半調理済の飲食料品がたくさん存在しています。これらの商品を製造し、食文化を支えている産業が、飲食料品製造業です。日本における飲食料品製...
特定技能

特定技能「ビルクリーニング」で海外人材を採用するために必要な要件や任せられる業務について

日本国内における人材不足解消に向けた取り組みとして、「特定技能」という在留資格があります。国内での人材不足を、すでに技術を持った外国人を受け入れることで解消しよう、という考えのもとに開始した制度です。特定技能で従事することので...
特定技能

特定技能への在留資格変更で必要な書類や手続きについて

日本国内における人材不足解消のための施策として、「特定技能」の在留資格が注目を集めています。特定技能の在留資格を取得すると、日本国内で最長5年間(業種によってはそれ以上)にわたり特定の分野で就労することができます。 特定...
特定技能

特定技能「外食業」で海外人材を受け入れるために必要なこと

在留資格「特定技能」は日本国内で深刻化する人手不足への対策として、2019年4月に施行された制度です。特定技能で就業できる業種は「不足する人材の確保を図るべき産業上の分野」。つまり、現時点で人手が不足している、あるいは近い将来...
タイトルとURLをコピーしました