2021-06

在留資格

「特定技能」への在留資格変更で必要な書類や手続きについて

日本国内における人材不足解消のための施策として、「特定技能」の在留資格が注目を集めています。特定技能の在留資格を取得すると、日本国内で最長5年間(業種によってはそれ以上)にわたり特定の分野で就労することができます。 特定...
特定技能

特定技能「外食業」で海外人材を受け入れるために必要なこと

在留資格「特定技能」は日本国内で深刻化する人手不足への対策として、2019年4月に施行された制度です。特定技能で就業できる業種は「不足する人材の確保を図るべき産業上の分野」。つまり、現時点で人手が不足している、あるいは近い将来...
特定技能

特定技能「宿泊」で海外人材を雇用する際の業務内容や注意点とは

2019年4月に施行された「特定技能」制度の14業種の中に「宿泊」があります。これは日本国内のホテルや旅館、その他宿泊施設の人材不足を解消するために設けられた制度で、以前よりも海外人材を雇用しやすくなったことが特徴です。 ...
特定技能

特定技能制度「介護」で海外人材を雇用するために必要なこと

急速な高齢化の進む日本国内において、介護事業の担い手の確保は重要な課題のひとつです。年齢を重ねた先でも安心して過ごしていくためには、それを手助けする人材が必要です。つまり、介護人材が安定的に存在していることが、将来的な国民の安...
特定技能

特定技能「自動車整備」の概要と外国人受入れの条件・注意点について

特定技能制度は、国内での人材確保が困難な業種において即戦力となる外国人を受け入れるための制度です。自動車整備業では整備士の不足や平均年齢上昇が続いていることから、特定技能「自動車整備」による外国人の受入れが制度化されました。 ...
タイトルとURLをコピーしました